携帯電話の支払い遅れがもたらす影響とは?

携帯電話の支払い遅れがもたらす影響とは?

ただ通話やネットができなくなるだけと思い携帯料金の滞納していると、痛い目を見ることになります。携帯電話端末の分割料金を含んだ携帯料金の延滞により、ブラックリスト入りする人が年々増加しているのです。なぜでしょうか?ブラックリストに入ってしまうワケをご紹介してまいります。

携帯電話の支払い延滞はブラックリスト入りになる場合もある

最近は機種代金を割賦で支払うことが一般的になっています。割賦支払いは、ローンを組んでいるのと同じことなので、滞納すると信用情報に傷がついてしまいます。なぜでしょうか?ドコモやソフトバンク、auといった携帯電話各社は、携帯端末の分割払いがあると、分割払いを規制する法律で個人信用情報機関であるCICへの登録を義務付けられています。携帯端末の分割払いは、借金の分割払いとはちょっと性質が異なっていますが、信用で成り立っているということでは同じになります。そのため、もし携帯の分割払いに遅れがあるなら、携帯会社側は事故として信用情報機関に登録しなければならないのです。携帯分割払いで起きた滞納事故は、信用情報機関を通じて融資会社でも事故情報を共有することができます。それはいわゆるブラックリスト入りになるということです。そうなってしまうと、その後のローンやクレジットカードの審査に悪影響がでてきます。しかし、少し支払いが遅れただけでブラックリスト入りになるわけではありません。ではそのタイミングはいつなのでしょうか?

支払いを延滞してしまったら

ブラックリスト入りにならないために、なんとしてでも強制解約させらてしまうまでには支払わなければなりません。強制解約後は信用情報に傷がついてしまいます。できるなら、早めに滞納している全額を支払いを済ませましょう。

今すぐできる携帯電話の料金が払えない悩み解決法は?

もし2~3ヶ月分の未払い料金が溜まっている場合は、一番古い1ヶ月分のみを支払っても携帯電話の再開がされないこともあります。また、携帯電話各社により若干異なりますが、滞納するとその期間に応じた延滞利息が発生してきます。そのほかに、請求書発行手数料、払込処理手数料など余分な手数料をとられることもあります。支払いをしないなら、電話会社との契約が強制解約になります。しかし、それだけではなく、どこの電話会社とも新規の契約ができなくなってしまいます。また、クレジットカードやローンの審査も通らなくなります。さらに最悪の状況として、携帯電話会社が裁判所に訴え訴訟がはじまることもあります。

まとめ

携帯料金を滞納すると、携帯を止められるだけでなく信用情報に傷がつき、さまざまな悪影響を及ぼします。くれぐれも延滞をしないように気を付けていきましょう。

案件紹介

コラム記事