レイクがクレジットカードのキャッシングよりも有利

レイクがクレジットカードのキャッシングよりも有利

様々なキャッシング専用のサービスを消費者金融では提供していますが、レイクのキャッシングはクレジットカードのキャッシング枠と比較されることがあります。契約時には利用価値を判断しながら行っていくことが重要ですが、色々なポイントがあります。

レイクが提供するキャッシングの利用価値

多くのクレジットカードが出回っていますが、ショッピング枠だけでなくキャッシング枠も付与されていることがあります。様々なライフスタイルがありますが、急に現金を必要とする時に銀行だけでなくコンビニエンスストアなどのATMでも簡単に引き出すことができるようになります。クレジットカードだとショッピング枠として公共料金などの支払いや、空港ラウンジのサービスなどがついています。その点においては、クレジットカードが優れているといえるでしょう。ただレイクが提供しているカードローンを利用してキャッシングを行う場合、クレジットカードよりも金利や返済額、そして利用限度額などといった面で有利に利用することができます。

様々なレイクが有利といえるポイント

レイクの金利面はクレジットカードのキャッシング枠よりも有利になっていることがあります。100万円未満で契約しているキャッシング枠であれば、15パーセントから18パーセントの金利を設定します。しかしクレジットカードのキャッシング枠は18パーセントの金利が金額に問わず設定されてしまいます。利用者の状況で3パーセント低くすることができるのは、レイクのキャッシングが有利と言えるでしょう。利用限度額でも最大で500万円まで利用することができるため、年収などを考慮しながら決めていくことができます。そして返済ですが1000円単位で対応することができるだけでなく、深夜や祝日などでもインターネットを利用して返済を行うことができます。

レイクを利用する際に便利な契約方法がある

インターネットもしくは電話によってレイクのキャッシングに関する契約を進めることができます。かつての消費者金融では来店してから契約内容を確認してサインをするという流れになっていましたが、急いでいたり週末などで時間が作れるという方にとっては厳しいものでした。また消費者金融ということもあり、来店した際に押し負けて不利な契約を結ばれるのではと不安に感じる人もいました。しかし問題をインターネットや電話などの申込みで解消することができ、インターネットであれば即日審査や振込を当日中に間に合えば対応できるという点が受けています。年会費も無料となっているため、クレジットカードと違って費用がかかることがありません。審査も当日中に行っており、早ければ1時間かからずに終了させることができます。

まとめ

クレジットカードと一緒にレイクのキャッシングを利用する人も増えており、無理のない範囲で必要に応じて使い分けています。理想的な借入方法や返済方法を理解しながら契約を進めていき、お金に困らないように対応していくといいでしょう。

案件紹介

コラム記事