クレジットカードの支払い遅れによる利用停止とは?

クレジットカードの支払い遅れによる利用停止とは?

クレジットカードの支払いが1カ月~2カ月延滞してしまうと、カードは利用停止になってしまうのでしょうか?クレジットカード利用停止の仕組みについてご紹介していきます!

クレジットカードに利用停止基準はあるのか

利用停止基準は、各クレジット会社によって異なっているようです。しかし、多くのクレジット会社では1カ月の延滞では利用停止にはならないようです。では、いつから利用停止になってしまうのでしょうか?延滞が2か月目にはいると、「カードの利用を停止させていただきます」という電話がかかってきます。それと同時に、「カードを破棄してください」という書面通知が届きます。つまり、多くのクレジット会社では、延滞が2カ月続くと、カードを利用することができなくなる処置をとっています。

利用停止を解除することはできるか

利用停止を解除することはできます。それを解除するには、支払いを完済させることです。もしカードを破棄することになってしまうと、その後、同じクレジット会社での審査は通りにくくなります。なぜなら、個人信用機関情報に延滞事故が記録されてしまうからです。完済から5年経過すれば、個人信用機関情報から履歴は消えます。しかし、各クレジット会社が所持しているブラックホルダーには自己記録が残されていますので、新しくクレジットカードを作ることは難しくなります。

もし手元にお金がなかった場合の対処法とは

クレジットカードの支払いの滞納や延滞は、、本人の将来だけでなく、家族にまで被害の影響が及びます。なぜなら、最終的に家族や親族が返済の責任を問われるからです。時間が経過擦れするほど、状況は悪化します。そんな手元にお金がない時は、金融業者のキャッシングを利用することができます。30日間なら無利息のキャッシングを提供しているところもあります。30日間以内に返済するなら、借りた金額だけをそのまま返済すればよいのです。その30日間の間に仕事を掛け持ちしたり、親族などからお金を借りたりなど返済額を準備することができます。1度でも滞納してしまえば、将来の人生プランに影響が出てきます。是非、そのサービスを上手に活用し、支払いが遅れることがないようにしましょう。

クレジットカードが払えない悩みに最適なキャッシングは?

まとめ

クレジット会社にもよりますが、延滞すると1カ月で利用停止になる場合もあります。利用停止になることがないように、支払期日には請求額を支払うことができるようにお金を準備するようにしましょう。


案件紹介

コラム記事