クレジットカードの支払いが1カ月遅れたらどうなるか?

クレジットカードの支払いが1カ月遅れたらどうなるか?

ショッピングやレストランなどでカード支払いをした際、「申し訳ございません。このカードはご利用できません。」と店員さんに言われたことがあるという経験をされたことはおありですか?クレジットカードの支払いが1カ月や2カ月延滞してしまうと、カードは利用停止になってしまうのでしょうか?支払延滞後の仕組みや影響についてご説明していきます。

1カ月の延滞が及ぼす影響とは

クレジットカードの利用停止基準は、各クレジット会社により異なっているので何ともいえません。しかし、クレジットカードを利用した経験者の口コミや経験をみてみると、1カ月の延滞では利用停止になることはないようです。つまり、1カ月の延滞なら、ブラックリストに載るということもありません。しかし、たった一日でも返済期日に支払えなかったなら、延滞とみなされます。再引き落としなどの知らせや、振り込み用紙などが郵送などで届いたら、その指示通りにお金を支払う必要があります。しかし、延滞をすることは利用者側の責任なので、できるなら、利用者側からクレジット会社側に、延滞する旨とその理由、また、いつまでに支払うことができる、という電話で連絡することをお勧めします。

大手の消費者金融会社を利用して返済を

大手の消費者金融会社のキャッシングでは、初回利用で30日間の無利息サービスを提供しているところもあります。つまり、1ヶ月以内に返済するなら、利息無しで必要額を利用することができるのです。もちろん、年会費なども一切かかることはありません。さらに、早ければ申し込みの当日に借り入れも可能なので、支払い日まであとわずかしかない!どうしよう!という場合でも安心して使用することができます。

当サイトおすすめの「クレジットカードが払えない」時に最適のキャッシング

クレジット会社は1日たりとも返済期日を待ってはくれないので、なんとしてでもお金を用意するしかありません。手持ちのクレジットカードのキャッシング枠などを利用して、それを返済に充てるのことも一つの手ですが、金利が高くつきます。ですから、大手金融会社の30日間無利息サービスを賢く利用してみることをお勧めします。30日間あれば、ほかに単発の仕事をしたり、親族からお金を借りる時間もあり、請求額を準備することができます。

まとめ

クレジットカードの支払いが1カ月延滞しても、利用が停止されたりブラックリスト入りになるということはありません。しかし、延滞をするなら、クレジット会社との信用が壊れてしまいます。ですから、支払期日までには返済をするようにしていきましょう。

案件紹介

コラム記事