クレジットカードの審査が通らないのはなぜ?

クレジットカードの審査が通らないのはなぜ?

新しいクレジットカードを作るとき、自分自身はもちろん審査に通ると思って申込みます。しかし、審査に落ちてしまったという経験はありませんか?意外と多い、クレジットカードの審査落ちですが、審査が通らないのはどうしてなのでしょうか?詳しく解説していきます。

クレジットカードの審査に落ちる理由とは

審査に落ちた理由を教えてくれるカード会社はありません。ですから、自分でその理由を真剣に考えなければいけません。考えられる理由に何を挙げることができるでしょうか?最初に申込書の不備、審査に落ちる最も多い原因の一つが申込書の不備です。たとえば、電話での確認があるカード会社の場合、電話番号が間違っていた時点で「虚偽の内容」となってしまいます。また、住所が間違っていれば、カードが自宅に届きません。また、申込書に空欄が多すぎることも審査に落ちる理由となってしまいます。

信用情報に傷がついている

信用情報は、クレジットカードヒストリーとも呼ばれ、しっかりと支払いを続けていくことで、信用力が強まっていきます。CIC(シー・アイ・シー)や全国銀行個人信用情報センターなどの信用情報機関を通じて、クレジットカードだけでなく、キャッシングや住宅ローン、銀行取引まで、すべての取引が管理されており、カード会社にも共有されています。携帯電話の支払い遅延やクレジットカードの支払い遅延などもその情報に登録されています。一度や二度の延滞なら問題ありませんが、慢性的に支払いが遅れた過去があったり、今そのような状況なら信用情報に傷が付いている可能性があります。それはいわゆるブラックリスト入りなので、クレジットカードの審査が通ることはありません。特に携帯電話の支払いを何度も遅れたことがある人は、クレジットカードの審査に通りにくい傾向があります。携帯電話の支払いもクレジットカードで行われています。延滞にはくれぐれも気をつけましょう。

借金が多いあまりにも多い

支払いや返済をしっかりしていても、住宅ローンやキャッシング、自動車ローンなど借入があまりにも多すぎる人は、クレジットカードの審査に落ちやすい可能性があります。借入状況も、信用情報機関を通じて共有されているので注意しましょう。

まとめ

クレジットカードの審査には、請求額を支払期日までにきちんと支払いをしているかどうかが大きく関わってきます。毎月の携帯電話の支払いでも延滞をしないように注意していきましょう。

お金が払えない悩みを今すぐ解決する方法

案件紹介

コラム記事